U-18タウンクラブ全国大会

2勝2敗で10位という結果に終わりました。

サポーターの皆様
今回もあらゆる面でサポートいただき
心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

3年生は
本日をもって高校サッカー引退となります。

この時期までプレーできる幸せを
彼らはきっと噛み締めていたと思います。

 

最後までやり遂げることができた

たける
りゅうや
ひろと
かいり

4人とも
ジュニアユースの頃から
合計6年間をONE SOULで過ごしました。

たける
キャプテンとして
チームをまとめて最後まで引っ張ってくれました。
あらゆる試合で圧倒的なセンスを発揮し続け
幾度となくチームを救ってくれました。
たけるナシでは成し遂げられなかったことが
間違いなくたくさんあります。
怪我でしんどい時期を乗り越えて
最後の大会では
センス溢れるプレーを魅せ続けてくれました。

りゅうや
小柄な体格とスピードの緩急を活かしたプレーは
観ていてワクワクしました。
試合や練習の合間に最も多く質問に来てくれました。
素晴らしい傾聴力と素直な心が
りゅうやの成長スピードを加速させたと思います。
ピッチを離れても男気があって気持ちの良い男です。
ひと休みしたら
進化の続きを観せてほしいと切に願っています。

ひろと
初めて観たのは小学生の頃。
まだディノクラブにドームがある頃です。
ピカソフットサルスクールが
ひろと所属のクラブとTRMをしたことがありました。
小学生とは思えない左足の弾丸シュート。
驚愕したことを今もハッキリ覚えています。
高校の特待生の話も断りクラブに残ってくれました。
多くの対戦チームの指導者の方からも
よく絶賛の声をいただきました。
今大会では高い位置からのクロスボールで
アシストを重ねて見事【MIP】に輝きました。

かいり
普段から誰よりも
良質な試合映像をたくさん観ているだけあって
相手にとって厄介な選手に育ちましたね。
あらゆる選択肢を持ちながらも
常にゴールという最優先の目的を忘れずに
相手の嫌がることをやれる選手になりました。
怪我を完治させる前に復帰したことで
思うように身体を動かせない状態でしたが
このチームにとって
記念すべきファイナルゴールを決めてくれました。

 

彼らが最後まで
チームを引っ張ってくれたおかげで
後輩達が素晴らしい経験を積めました。

感謝しかありません。

 

最後に一言。

 

「まだまだ10代。

本当に上手くなるのは20代から✨」

 

これ

マジなやつです( ̄∀ ̄)

NO FOOTBALL NO LIFE.