ワンソウルの考える指導とは

 ONE SOUL STYLE

子ども達を育てるために
我々にできること。

それは
すぐに答えを教えて
早く上達させることではなくて

考える機会・時間・ヒントを与えること。

教えるのではなく
引き出す。

子ども達は
才能に溢れています。

幼さゆえに
利己的であったり

若さゆえに
己をコントロールできないことも
もちろんあります。

しかし
それは普通のことです。

そして
一時的なことです。

子ども達は
いつだって
創造性に溢れ

好奇心に満ち溢れ
常に活発で行動的です。

そんな
子ども達の魅力的な姿を
我々大人が奪うことのないように。

むしろ
輝きに磨きをかけることが
ONE SOUL.C 福岡の
使命だと感じています。

GAME STYLE

我々は一貫指導の素晴らしさを感じています。

小学生から高校生までの長いスパンで
選手をじっくり育て上げることができるため

急かす必要がありませんし

選手それぞれの成長スピードに合わせて
導くことができます。

また
『仲間と協力。自分と競争。』
をモットーに

社会に出てからも役立つコミュニケーション力を学び

昨日の自分に負けないよう
工夫と積み重ねの大切さを学んでほしい
と願っています。

我々は
試合を経験することで
選手達が『気付き』を得ることを知っています。

ですから

小学生の試合登録メンバーは
全員が公式戦に出場しています。

小学生では結果よりも
エンジョイすることの大切さを伝えています。
※エンジョイとは、全力でプレーすること。
本気でやるから楽しいし
本気の成功や失敗には価値があります。

中学生も同様です。
リーグ戦に複数チームを登録しているため
公式戦で経験を積むことができます。

中学生は成長スピードに個人差が出る時期で、
そのことで良くも悪くも勘違いする選手がいます。

自分との競争を理解することで
道が拓けます。

高校生も同じように
県リーグに複数のチームを登録し
補欠0を達成しています。

高校生は心身ともに成長が見られ
「言い訳が出来ない年代」といえます。
大会によっては
勝負に徹してベストメンバーで挑む試合も出てきます。

​ONE SOUL SPIRIT

わたしの前を歩くな
わたしが従うとは限らない

わたしの後ろを歩くな
わたしが導くとは限らない

わたしと共に歩け
わたしたちはひとつなのだから

WE ARE  ALL ONE

監督lupin
一般社団法人 総合型地域スポーツクラブ代表理事/ワンソウル福岡監督