Blog

ひたすら

ある女の子の物語です。

その子は
小さい頃から股関節脱臼を繰り返していました。

中学生までは
バスケットボール部に所属していて
陸上を始めたのは高校生になってから。

全国女子駅伝大会では
高校3年間補欠登録でした。

しかし

卒業後も彼女は
走りたいという情熱が消えることなく
実業団入りを考えます。

実績のない彼女にはとても厳しい状況でした。

 

諦めない人に道が拓けるのは
世の常。

 

友人から情報を得て可能性を感じた会社に
何度もアプローチして
ついに実業団入りを果たしました。

 

そして

陸上部の監督に言いました。

「私はオリンピックで走るためにこの会社に入りました。
そのためだったらどんな練習にも耐えます。

他の人が1時間練習するなら
私は2時間やります!!」

 

日本の陸上競技女子選手で
オリンピック2大会連続メダルを獲得できたのは

この選手だけです。

 

『初めて、自分で自分をほめたい。』という名言は

あきらめない歴史があってこそ
生まれた言葉なのかも知れません。

監督lupin
一般社団法人 総合型地域スポーツクラブ代表理事/ワンソウル福岡監督